在来種タバコの種子をお持ちの方、誰かいませんか?

日本で商業栽培されるタバコは、すべてJTに卸されます。

つまり、日本のタバコ栽培はJTによって牛耳られているといっても過言ではありません。

しかしそのJTはどうやら、在来種タバコを守る気が全然ありません。

というのも、昨年に続いて今年も、在来種タバコの作付が全くされなかったのです。

それはこのページ、

全国たばこ耕作組合中央会平成29年作付状況

を見ていただけるとわかります。

以前、【悲報】日本の在来種タバコ、27年度を最後に生産終了していた件という記事でお知らせしたとおり、日本での在来種タバコ栽培は、ここ10年の間に一気に衰退し、一昨年の一品種を最後に、昨年は全く栽培されなくなってしまいました。

たばこは、100余年の独占のせいで生産と消費が極度に隔離されてしまった産業であり、喫煙者の方々も「俺が吸っているこれは何なのか」という疑問をあまり抱きませんが、日本人にとってタバコは、キャベツやレタスなどの西洋野菜より断然歴史の長い作物です。

そのなかでも、在来種は、タバコが桃山末期~江戸初期に伝来してからの約400年にわたって、日本の気候、日本人の好み、日本独自の喫煙形態である煙管との親和性などに特化して改良されて続けてきた、いわば、日本の煙草文化の生き証人です。

低く見積もっても300世代は繰り返し栽培され、採種され、改良されてきた在来種は、我が国の煙草の歴史を記録した生きたレコードです。

それが消えかかっているのです。

タバコは生き物であり、種子の寿命は比較的長いとはいえ5年ぐらいです。なので、このまま栽培が途絶えてしまえば、在来種の遺伝資源は消失します。

このことの重要性は、菜園家、それもこだわりのある菜園家にしかわからないかもしれませんが、在来種が消えるというのは、私の感覚だと1000億円分ぐらいの損失です。

同じ産業にかかわるものとして、あまりこういういい方はしたくはありませんが、目先の利権だけにとらわれた既得権益者たちの作り上げた独占という制度によって、在来種はもはや風前のともしびです。

そこで、私は、もし発芽能力のある在来種の遺伝資源を持っている農家、元農家、菜園マニアがいるなら、その人たちに向けここで呼びかけておきます。

「もしまだ持っているなら、在来種の種子をうちに寄付してくれませんか?」

と。

うちのサイトは、一日300人ぐらいの人が見に来てくれます。

そのなかの幾人かの方は、うちから種子を買って、実際にタバコ栽培の世界に足を踏み入れています。

「たばこを自分で作るのは違法だけど、タバコの栽培だけなら合法ならば、栽培してみよう!」と思う方は、少ないながらいるのです。

なのでおそらく、タバコの在来種を守るなら、現状ではうちのお店が一番有効なプラットフォームでしょう。

うちに在来種を寄付してくれても大したお礼はできませんが、寄付していただいた遺伝資源はうちの採取圃場で増殖し、利潤を全く乗せずに低価格で販売します。

全国の菜園家たちによって保護すれば、絶滅の可能性は著しく減るはずです。

あと20年ぐらいの間遺伝子を残すことさえできれば、のちに新規参入が解禁された後には、在来種タバコ専門の刻みたばこ専門メーカーなどがその責務を引き継ぐことができるはずです。

連絡、お待ちしています。

タバコの苗の作り方 まとめ編

手刻みの煙草を出すカフェとかあったら、結構流行ると思う

日本の葉タバコ農家よ、「自助の精神」で再興せよっ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です