蚊取り線香の煙は、たばこの副流煙と同じくらい危険なんですけど?

たばこの煙を毛嫌いしているあなたが、もし昔ながらの蚊取り線香を焚いているとしたら、いますぐにやめたほうが良い。

密閉した室内での使用など言語道断だ。

あの緑色のグルグル一本が燃える間に、たばこに換算すれば約20本分のタールが放出されているからだ。(蚊取り線香一本14g、たばこ一本に入っている葉の量を0.7gとして計算。いずれも私が実測した値)

タールは植物を燃やせば必ず出る。そして線香の主成分は木質の粉だ。

たばこの煙の成分のうち、最も量が多く有害だといわれる発がん性物質タールは、たばこに限らず、植物を燃やせばかならず発生する。そして、蚊取り線香の主成分は木や草の粉末だ。木の粉を燃やしているのだから、当然タールは発生している。

そのことは、ここで長々と説明するより、下の写真を見てもらえば一目でわかるだろう。

これは市販の蚊取り線香に付属してくる燃焼皿のふたの裏側だ。蚊取り線香を10本も使えば、ふたの裏側はタールで真っ黒になる。

たばこの害を啓蒙するPR教材などに、真っ黒になった肺の写真があるが、それと同じことがここでも起きているのである。

もしもあなたが、閉め切った部屋で一本の蚊取り線香を焚いたら、それは写真のような真っ黒な物質(たばこ20本分)を、何回も何回も自分の肺で濾しとっているのと同じことである。

ちなみに、たばこのタールが悪くて線香のタールはいいということは全然ない。元がなんであろうともタールはタールなのだ。

だから、あなたがもしたばこの副流煙を避けて生活しているなら、これからは蚊取り線香の煙も警戒したほうが良い。

逆に、蚊取り線香のタールを気にしないなら、たばこのタールも気にするべきではない。それは滑稽な自己矛盾だ。

また、あなたがもし「たばこは絶滅したほうが良い」と思っているなら、それは、蚊取り線香的なもの、いいかえれば、すこし不潔かもしれないが伝統的な存在を社会から排斥しようとしているのと同義だ。

われわれの社会は、すべてがきれいで、清潔だとは限らない。

いやむしろ、こんな清潔な時代は、人類の歴史から見れば最近のごくわずかな期間だけだ。

タールだって、人類は火を使い始めた20万年以上も前から常に摂取してきた。

「火の使用が人類の脳の進化を助長した」という説が正しいなら、タールはわれわれとは切っても切り離せない物質である。

それを切り離し追放し、清潔な世界を手に入れようとするなら、いっそ意識ごとコンピュータに取り込んで、映画「マトリックス」的な世界を目指せばいいと思う。

言い過ぎなように聞こえるかもしれないが、過剰に清潔を求めるというのはそういうことだ。

過剰な清潔の先に待っているは、人間味がなくてつまらない世界だ。

植木鉢で栽培するタバコ

煙草は植物だ

「肥料食い」と呼ばれるタバコを、生ごみ肥料だけで育ててみた結果・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です