「肥料食い」と呼ばれるタバコを、生ごみ肥料だけで育ててみた結果・・・

タバコは「タバコ畑の後には何も生えん」といわれるほど、肥料食いの作物だ。

確かに、実際に育ててみると、肥料を与えれば与えるだけ大きく厚い葉をつけるのがわかる。

今のように豊富な窒素肥料がなかった時代に、生業としてタバコ栽培をするのはさぞ大変だっただろう、というのが今の私の実感でもある。

だがそれは、“生業として”の場合で、たとえば個人が観葉植物として数株だけ栽培するような場合なら、これほど育てやすい植物もあまりない。

肥料は生ごみで十分だし、虫もあまりつかない。

採種用とは別にうちの庭で試験栽培しているバーレー種のタバコも、生ごみ肥料・無農薬でこんなに立派になった。

写真だとわかりづらいけど、下の方の大きな葉の全長は60cmぐらいある。幅も30cm近い。

うちのまわりは、冬の間あまり日が当たらず、昼間も土が凍るほど寒くて、秋から春の間はなんも植えられないので、魚や鰹節のガラ、野菜くず、卵の殻、死んだメダカ、たばこの灰などなど、いろいろ埋めて、畑を生ごみ処理場にしていた。

このタバコは、その処理場に苗を植え付けてから全く肥料をあげてないし、正直言うと草刈りも全然やってない(笑)

ほぼ放置。

それでも、驚異的な成長速度でほかの雑草たちの日照権を奪って、なにくわぬ顔で鎮座している。

タバコは強い植物だ。

コイツの葉を摘み取って、乾燥させ、発酵させ、刻み、たばこを自給することができれば、「生ごみ→たばこ→灰→たばこ」という究極のエコロジー・エコノミーが完成するのだが、残念ながら、今の日本でそれをやるとお縄になって、一年の懲役か100万の罰金だ。

そんなリスクを進んでとる必要はない。

それは正当な手段で自作の権利を勝ち取った後で堂々とやればいい。

あと数十年はかかるかもしれないが、日本に真の意味での民主主義が到来したときには、できるようになっているはずだ。

今は、この巨大でへんてこな植物を、珍しい観葉植物として愛でようではないか。

 

タバコ種子はコチラ

ソクラテスの煙草

植木鉢で栽培するタバコ

【食べるたばこ第一弾】生のタバコの葉を千切りにして、フィッシュフライサンド作ってみた【第三のたばこ】

自家採種のすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です